ホルモンバランスを整える効果

錠剤

ホルモンというのは脳から分泌された神経信号であり、全身の細胞に行き届くことで活動するようにスイッチを押してくれます。ただ20台を超えると信号を伝える神経の新陳代謝が遅れるため、古い細胞のまま動き続けることで脳からの信号がうまく受け取れなくなり始めます。その結果として異常な発汗や動悸に息切れそして手足のしびれなど、更年期障害という病名として発症することになるのです。この状態を放置すると不快感で日常生活に支障をきたすだけでなく、精神にもダメージにつながってしまいうつ病やパニック障害といった精神障害を誘発する可能性があります。この症状を緩和するためには、いかにホルモンバランスを落ち着かせることができるかが重要です。そこで薬局で販売されている薬の中で、ホルモンバランスの乱れを緩和すると注目されているのがエクオールです。このエクオールは大豆特有の成分のイソフラボンに自然界に存在する微生物の一種乳酸菌を配合し、飲みやすいようにサプリメントにしたものです。大豆イソフラボンは、台帳によって吸収されるとエクオールという成分になります。このエクオールは行き過ぎた神経活動を抑えるホルモンと同じ働きをすることが分かっており、定期的に摂取することで荒立った状態を緩和することができます。

大腸の調子も整えることで免疫力があがる

お腹

このエクオールを服用するメリットとして、大腸の調子も整えることできる点です。実はエクオールという成分は体内で作り出される成分であり、大豆などの豆類を食べた時に得られるイソフラボンを大腸にいる善玉菌が変化させることで生まれる成分になります。ホルモンバランスが乱れる理由としてはストレスが大きいのですが、もう一つ重要なのが大腸の調子です。年齢を重ねると大腸の中にいる善玉菌の数も少なくなるので、その影響でエクオールを含めた体にとって良い成分が作り出されないことでホルモンが乱れてしまいます。そこで薬局で販売されているエクオールの中には、必ず乳酸菌が入っています。乳酸菌は自然界に存在する微生物であり、当然ながら人間の体内にも存在します。乳酸菌は大腸にいる善玉菌のえさとなることで数を増やすことに役に立つことが分かっており、定期的に摂取することで健康に良い効果を発揮してくれるのです。ただ食べ物で摂取できる乳酸菌は胃酸によってやられてしまうため、実際に大腸に届く数は多くはないです。そこでサプリメントとしてエクオールと乳酸菌を摂取することで、遺産にやられずに直接台帳に届けさせることができます。大腸の調子が良くなれば、ホルモンバランスが整うだけでなく便通もよくなることで免疫力が上がるので病気にも強くなるのです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中